WooCommerce

この記事をシェアする

WooCommerce

【詳細】

WooCommerce は、WordPress に構築されたフレキシブルかつオープンソースの eコマースソリューションです。ビジネスを始める場合でも、既存のオンラインストアを継承する場合でも、または顧客のサイトを設計する場合でも、すぐに着手し思い通りのストアを開設できます。

新規または既存の WordPress サイトで無料の WooCommerce プラグインを有効化し、オプションのガイドツアーに従って、新しいストアを数分で設定できます。

商品、お買い物カゴ、清算ページ
クレジットカードやその他の手段によるセキュリティ保護された支払い
一律料金配送やラベル印刷などの設定可能な出荷オプション
モジュラーブロックにより、サイト全体のコンテンツとコマースを統合
税自動計算
Google Analytics、MailChimp、Facebookの統合
主要指標などを備えた「Central store dashboard」。

ベーシックにとどまらず、WooCommerce は次のように全面的にカスタマイズと拡張を行えます。

自分のブランドや業界に合うデザインを選択する。
無料、有料の拡張機能でストアを強化 :機能を追加して、ローカルまたはグローバルな eコマース Web サービスと統合する。
プラグインのコアコードの側面を検査、修正する。
フックやフィルターを活用して機能を変更する。
REST API の最上層と Webhook に基づき構築。

オープンソースの自由とは、コンテンツとデータに対する永続的で包括的な所有権を持つとともに、フレンドリーなグローバルコミュニティから専門知識が得られるということです。

WooCommerce は、Web 開発者がいなくても、ストア管理者が eコマースサイトを自分で運営できるよう構築されました。また、外出中でもストア管理が行えるよう、無料の WooCommerce モバイルアプリ (Android および iOS 向け) も提供されています。

WooCommerce の開発と支援には、個人寄付者とともに Automattic、Jetpack の創業メンバー、WordPress.com が携わっています。公式拡張機能のマーケットプレイスは WooCommerce.com にあります。

【ダウンロード】

WooCommerce


ダウンロードページ

【インストール】

新規追加 → 検索 → インストール → 有効化

PHP対応

バージョン7.3でも問題なく動作します。

使用感

実際に受注発注などのアプリ操作したことのあるくらいのスキルは必要です。
また、販売にいたってはSSLが必須なので個人事業主は、Let’sEncryptでSSLを設定できるところがおすすめですね。
会社組織の場合は、有料のSSLをおすすめします。

参考サイト

設定

設定は、必須ですね
1度設定したら放置してもいいところと更新が必要なところがあります。

拡張プラグイン

この記事をシェアする

コメントを残す