Archives for ブログ

Catch Everest


 

【詳細】

Catch Everestは自動的に画面のサイズに適応するシンプル、クリーン、そしてレスポンシブなWordPressテーマです。あなたのコンテンツはどのデバイスビジターが使用していても常に美しく表示されます。 それはこのテーマを高度にカスタマイズ可能で柔軟にするテーマオプションパネルを使いやすいHTML5、CSS3そして非常に自身のキャッチテーマに基づいています

【ダウンロード】

Catch Everest

【インストール】

新規追加 → 検索 → インストール → 有効化

子テーマ

なし(自身で作成)

参考サイト

Sento


【詳細】

WordPress無料テーマのSentoをインストールして子テーマでカスタマイズしたサイトを使って解説しております。 テーマって実際に使ってみないとわからない部分も多いのですが、見ただけでわかる部分をもう少しできないかなということで試験的に作ってみました。 片手だけなのでまだクロマキーを使った部分などで不完全なところがあります。 編集には、PowerDirector17を使用していますが動画撮影時のライトの当て方をもう少し勉強しないといけないかもしれません。

【ダウンロード】

Sento

【インストール】

新規追加 → 検索 → インストール → 有効化

子テーマ

なし(自身で作成)

参考サイト

Business Point


【詳細】

ビジネスポイントは、応答性の高い多目的ビジネステーマです。ビジネス、企業、ポートフォリオ、デジタル代理店、ランディングページ、ブログ、エンターテイメント、すべての有益なウェブサイトに使用できます。それは素晴らしいオプションと機能の負荷と究極の柔軟性です。このテーマを使って、あらゆる規模のビジネス企業向けに高品質なウェブサイトを作成できるようなテーマになっております。

【ダウンロード】

Business Point

【インストール】

新規追加 → 検索 → インストール → 有効化

子テーマ

なし(自身で作成)

参考サイト

MH Magazine Lite


【詳細】

「MH Magazine Lite 」はWebマガジン、ニュース、ポータル、あるいはブログにだって使える数少ない貴重な無料テーマと言えるでしょう。 有料ですと色々なジャンルに特化したニュース・ポータル系のテーマも数多いですが、無料テーマはあまり見かけませんからね。 この「MH Magazine Lite 」には、レスポンシブ機能やサポートがついた有料版もありますが、無料版でも十分なデザイン性、機能性、カスタマイズ性でかなりの数の子テーマテンプレートがあったりします。

【ダウンロード】

MH Magazine lite

【インストール】

新規追加 → 検索 → インストール → 有効化

子テーマ

https://ja.wordpress.org/themes/author/mhthemes/
カスタマイズされた子テーマが用意されています。
ただ、カスタマイズする場合には子テーマの子テーマという使い方はできません。

参考サイト