WordPress Customize

くまはちLABではワードプレスのカスタマイズなどをメインにさせていただいております。

詳細を見る
  • オリジナルテーマの作成も承っております!

    オリジナルテーマの作成も承っております!

  • ワードプレスの中でステップメールやメルマガができるパッケージ製品もあります!

    ワードプレスの中でステップメールやメルマガができるパッケージ製品もあります!

LION BLOG

LION BLOG

無料テンプレート(テーマ)【LION BLOG】をインストールする方法などを解説します。 ちょっと覚えるだけで簡単にインストールはできますよ チャレンジしてみてください。 ブログ向けのWordPressの無料テーマで、強くおすすめしたいのがLION BLOGです。
Read More
Stinger Plus2

Stinger Plus2

STINGER8よりも管理画面で出来ることが多く、初心者の方には扱いやすいバージョンとなっております。
Read More
Lightning

Lightning

Lightningはホームページ制作の専門の知識がなくても集客に役立つホームページやブログが簡単に作れるように開発された無料のWordPressテーマです。
Read More
Giraffe

Giraffe

以前のSTINGER5ベースからガラッと変わり、株式会社ファンファーレのオリジナルテーマとなりました。 デジタルマーケッターの松原さんが作られたということで学ばさせていただくことも多いです。
Read More

LION BLOG

LION BLOG


【詳細】

無料テンプレート(テーマ)【LION BLOG】をインストールする方法などを解説します。
ちょっと覚えるだけで簡単にインストールはできますよ チャレンジしてみてください。
ブログ向けのWordPressの無料テーマで、強くおすすめしたいのがLION BLOGです。
おすすめ理由は上記の通り、無料なのに高機能だというところですね。
またプラグインを使わずに、あれこれカスタマイズできるのもポイント高いです。
SEO対策であるmeta descriptionやmeta robotの設定も、各ページごとに設定可能です。

【特徴】
JavaScript不使用(CSSの非同期読み込み機能を使う場合は、一行だけフッターに記述されます)
W3Cの規格に基づくマークアップでエラーなし
モダンブラウザに最適化のため、IEは非対応(11は表示されると思う)
管理画面の投稿・固定ページのビジュアルエディタは、実際に表示されるデザインとほぼ同じ
管理画面の投稿一覧に、閲覧数とサムネイル画像を表示
管理画面の投稿一覧は、閲覧数で並び替え可能
管理画面からテーマの更新が可能
簡易お問い合わせページが標準で備わっている
パンくずリストと投稿記事は構造化データを用いたマークアップ済み(schema.org)
記事上、記事下用のウィジェットエリアがある
関連記事内広告用のウィジェットエリアがある
サイドバー固定表示用ウィジェットエリアがある(スクロールに追尾)
広告用ウィジェットアイテムがある
人気記事用ウィジェットアイテムがある(表示件数自由)
画像付き最新記事ウィジェット搭載(通常の新着機能ウィジェットをカスタマイズ)
必要十分な細かなSEO対策が施せる(ページ単位でdescriptionやmeta robotの設定が可能)
CSS非同期読み込みが選択可能(レンダリング速度が速くなる)
OGPの設定もカスタマイズが可能
検索対象を「投稿・固定ページ」「投稿ページのみ」「固定ページのみ」と切り替えられる
アーカイブページに利用される投稿の抜粋文字数を指定可能(抜粋表示はが優先)
レイアウトを1カラム2カラムと選択可能(アーカイブ・投稿・固定ページすべて設定可能)
アーカイブページの記事ビューレイアウトを画像左パターンと、ワイド表示パターンで切替可能
最上部ヘッダーを非表示にできる(PC非表示、スマホ非表示、両方非表示が選択可能)
ヘッダーエリア専用の広告枠がある
ロゴを設定可能(ロゴが無い場合は【設定】→【一般】の「サイトのタイトル」と「キャッチフレーズ」を表示)
トップページにメインビジュアルを設定可能(高さや表示位置もカスタマイズ可能)
トップページのメインビジュアル内にテキストを挿入可能
投稿者のプロフィールを簡単にカスタマイズ可能
copyrightを自由に書き換え可能
copyright下のリンクや文字列を非表示にできる
AMP対応(通常ページとデザインがほぼ同じ)
AMPページでも検索窓を設置できる(https通信必須)
AMPページがGoogleの検索結果でカード表示された時用のロゴ画像を設定できる
AMPページでも記事上と記事下に広告が設置可能
AMPページ用にTwitter、Instagram、YouTubeの埋め込みが自動で変換される
投稿ページのアイキャッチ画像の表示/非表示の選択が可能(もちろんアーカイブページなどにも適用される)
投稿ページの投稿者情報の表示/非表示の選択が可能
投稿ページの目次の表示/非表示の選択が可能(目次は専用のショートコードで表示場所を自由に変更可能)
投稿ページの関連記事の表示/非表示の選択が可能(表示数も1から10で選択可能)
投稿ページのシェアボタンの表示/非表示の選択が可能(シェアボタンもJS不使用で軽量)
投稿ページのシェアボタンの表示項目が6つある(Facebook、Twitter、Google+、はてぶ、Pocket、LINE)
Google AnalyticsはトラッキングIDだけあれば設定完了
AMPページ用のGoogle AnalyticsのトラッキングIDも登録可能
Google Search Consoleも認証IDだけで設置可能
4パターンあるベースデザインはすべてハイクオリティ
無限に選べるテーマカラーと、様々なカスタマイズを駆使すればオリジナリティを表現可能
【追加】Ver.1.1.0からTOPページの上部に表示するウィジェットエリアを追加
【追加】Ver.1.2.0からダブルレクタングル広告を簡単に表示できる機能を追加
【追加】Ver.1.3.0からとタグの直上に自由にタグを記述できる自由入力エリアを追加
【追加】Ver.2.0.0からHeader最上部にお知らせを表示する機能を追加
【追加】Ver.2.0.0から投稿日の表示/非表示機能追加
【追加】Ver.2.0.0から記事の終わり部分にCTAエリア追加
【追加】Ver.2.0.0からインフィード広告登録枠を追加
【追加】Ver.2.0.0から記事中にアドセンス等の広告を挿入するショートコード追加
【追加】Ver.2.0.0から投稿詳細ページに次の記事、前の記事を追加

【ダウンロード】

【インストール】

新規追加 → アップロード → ファイル選択 → アップロード → 有効化

子テーマ

ダウンロードサイトよりダウンロード可

参考サイト

姉妹テーマ


Luxeritas

Luxeritas


【詳細】

無料テンプレート(テーマ)【Luxeritas】をインストールする方法などを解説します。
ちょっと覚えるだけで簡単にインストールはできますよ チャレンジしてみてください。
多機能なのに高速な「Luxeritas(ルクセリタス)」です。 本当に速いです。
僕の検証用ブログをPagespeed Insightsで計測したところ、モバイルもパソコンも100でした(グーグルアナリティクスタグを入れていないので100を実現できています)。
もちろん環境や設定によるのですが、WordPressの無料テーマでモバイルもパソコンもスコア100を取れるのはなかなかありません。

【ダウンロード】

【インストール】

新規追加 → アップロード → ファイル選択 → アップロード → 有効化

子テーマ

ダウンロードサイトよりダウンロード可

参考サイト

設定してみた感想

使用した環境は、WAFのあるCPIサーバーでPHPバージョンが7.0.28という環境であったが触りすぎると500エラーが出るようです。
もう少しテーマについて学習する必要性があるかもしれません。
また、設定したら1つずつ更新して確認することも大事ですね。
まとめて実行するとどれが原因になっているのかわからないからです。

RainDrops

RainDrops


【詳細】

店舗・個人事業主様・中小企業様向けに、インターネットを使った集客にお役に立てる動画をアップロードしております。
初心者の方を対象とした WordPress(ワードプレス)の基本的な使い方について、解説を進めていきたいと思います。
ワードプレスを使えば、ウェブサイトの構築は簡単に出来ますが、インストールをした直後というのは、どこから手を付けて良いのか分らないという初心者の方も多く見受けられます。
今回は、無料テンプレート(テーマ)【RainDrops】をインストールする方法などを解説します。
ちょっと覚えるだけで簡単にインストールはできますよ チャレンジしてみてください。
テーマのコンセプトは、「試行錯誤可能なワードプレステーマ」です。
WEBサイトのライフサイクルの中で、初期段階のシンプルな構成からコンテンツ量が充実した領域まで、柔軟にレイアウトや表現方法を変更できます
日本語環境では、投稿日やアーカイブ日付の和暦表示、縦書き表示(縦書きと横書きの混在も可能)を行うことが出来ます。
また、レンタルサーバーを借りるのに悩まれている方はお気軽にご相談ください。

ダウンロード

raindrops

インストール

新規追加 → 検索 → インストール → 有効化

子テーマ

なし(自身で作成)

参考サイト

Catch Everest

Catch Everest


 

【詳細】

Catch Everestは自動的に画面のサイズに適応するシンプル、クリーン、そしてレスポンシブなWordPressテーマです。あなたのコンテンツはどのデバイスビジターが使用していても常に美しく表示されます。 それはこのテーマを高度にカスタマイズ可能で柔軟にするテーマオプションパネルを使いやすいHTML5、CSS3そして非常に自身のキャッチテーマに基づいています

【ダウンロード】

Catch Everest

【インストール】

新規追加 → 検索 → インストール → 有効化

子テーマ

なし(自身で作成)

参考サイト

Sento


【詳細】

WordPress無料テーマのSentoをインストールして子テーマでカスタマイズしたサイトを使って解説しております。 テーマって実際に使ってみないとわからない部分も多いのですが、見ただけでわかる部分をもう少しできないかなということで試験的に作ってみました。 片手だけなのでまだクロマキーを使った部分などで不完全なところがあります。 編集には、PowerDirector17を使用していますが動画撮影時のライトの当て方をもう少し勉強しないといけないかもしれません。

【ダウンロード】

Sento

【インストール】

新規追加 → 検索 → インストール → 有効化

子テーマ

なし(自身で作成)

参考サイト