Documents by Readdle設定

この記事を読むのに必要な時間は約 2 分です。

Documents by Readdle

Documentsを活用するための設定

 

便利なアプリも設定がうまくいかないと何の役にも立たないんです。
だあからこそ、しっかり設定しておきたいですね。
1度設定するとあとは楽勝なのでしっかり覚えていただければと思います。
ただ、その前に・・・・
接続先は???
MacなのかWindowsなのかあるいは、クラウドサービス?
接続先によって設定方法も違ってきます。

 

クラウドサービスに接続する

 

サービスの追加 サービスを追加するには、左記の図のようにアプリを開いた画面左上の歯車のマークをタップ
設定が開かれるのでその中のネットワークをタップして開きます。
それ以降の部分は、各項目を参考にしてください。アカウントがあるなら複数追加可能です。

 

Dropbox
Dropbox
Dropboxを追加 たいていの方は、お約束みたいに入ってるDropboxなのでそのままアプリを連動させてください。
万が一、まだ登録もしてないという方は、ロゴをタップして登録シテアプリも追加してくださいね。無料で2.5GB標準で利用できます。
アプリでログインしていると許可するだけでIDとパスワード入力を省略できます。
どうですか?
追加されましたか?
Google Drive Google Drive

Google Drive追加

Google Driveの場合は、上記の流れからメアドとパスワードの入力必須です。

意外と知らない方も多いのですが、Googleでのサービスは全て1アカウントで利用可能なのでご存じなかった方は、Gmailで利用してみてください。

無料で15GB利用できます。画像や動画などの一時保存に便利です。

Follow me!

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください