Windowsで新元号の令和に対応する

この記事を読むのに必要な時間は約 4 分です。

令和

新元号の令和の時代がはじまりました。

それに伴いパソコンも令和に対応するための方法を解説します。

まず、やるべきことはWindowsアップデートです。

Microsoftは、4/25に各バージョンのマンスリーアップデートを公開しましたが

Windows10のビルド1809だけ遅れているようです。

大型アップデートに連動しているかもしれませんが・・・

アップデートして和暦にするだけでは・・・

令和表示

上記のように「令和1年」と表示されてしまいます。

これは、日本人的にマズイっしょ

ちゃんと「令和元年」と表示されなければ・・・

ということでレジストリを変更することに・・・

OSのカレンダー表示を令和に対応する

スタート→ファイル名を指定して実行に[regedit] と打ち込んでEnterキー押すと

レジストリエディターが開きます。

レジストリ

アップデートされたままの場合は、元年となっているところが、「1年」となっていますので「元年」と変更します。変更後、パソコンを再起動したら

令和元年

ご覧のように「令和元年」と表示されました。

これは、マイクロソフトのサイトでも解説されております。

日本の元号変更に関する Windows の更新プログラムについて – KB4469068

2019 年 4 月 26 日 — KB4493453 (マンスリー ロールアップのプレビュー)

Windows10のビルド1809ではまだアップデートがないので平成31年5月1日と表示されます。

ビルドの確認方法は、下記のように・・・

設定→更新とセキュリティ

赤枠の「OSビルド情報」をクリック

OSビルド情報

くまはちLABのWindows10は、2台とも1809でした。(^^;;

Officeを新元号「令和」に対応する

令和対応

請求書や納品書などを出力する場合に和暦を使う場合

基本、Officeもアップデートが必要です。

しかし、OSカレンダー同様に元年表示については個別対応が必要です。

上記を参考にしました。

令和対応

ユーザー定義で指定します。

[<=43585][$]ggge”年”m”月”d”日”;[>=43831]ggge”年”m”月”d”日”;ggg”元年”m”月”d”日”

上記をコピペすると令和元年と表示されるようになります。

参考にしてみてください。


 

この記事が気に入ったらいいね!