メモリーテスト・診断

この記事を読むのに必要な時間は約 2 分です。

メモリーに異常がないか調べる

メモリーの不良や故障というのはしばしば起こります。

パソコンのフリーズ、再起動、ブルースクリーン、マザーボードからのピープ音(警告音)などの場合はメモリー不良や故障が考えられます。増設したメモリーの初期不良・相性不良というのも稀に起こります。

パソコンのトラブルが生じた場合、ハードディスクと同様にテスト・診断することによってトラブルの原因がメモリーにあるのかどうか知る手がかりにもなります。

方法

メモリーのテスト・診断するツールは限られています。一般的に知られているのは、マイクロソフトの提供するWindows メモリ診断、フリーソフトのmemtest86およびmemtest86+です。

他にメーカー製のパソコンには、BIOSやOS上でメモリー診断ができるようにプレインストールされていることがありますので、それらのソフトを使用するという方法もあります。

→ Windows メモリ診断

故障している場合は

メモリーテストでエラーが出る場合、メモリーの不良かメモリースロットの不良の2パターンあるのですが、ほとんどはメモリー単体での故障です。

この記事が気に入ったらいいね!