Windows7でリカバリーディスクを作成する

この記事を読むのに必要な時間は約 2 分です。

Windows7でリカバリーディスクを作成する

最近、依頼される仕事で多い相談がリカバリーディスクの作成です。

中でも多いのは、ヤフオクで買ったノートパソコンなのでリカバリーも何もないという方々

そして困ったことにXPモデルとかにWindows7を32ビットで無理やり入れているなど

当然、プロダクトキーなどもわからないという状況

 

 

Windows7以降であればドライブイメージをそのまま作る方法がありますね。

超簡単にできるんですよ。

くまはちは、DellのLatitude D510にWindows7を入れていますがこの方法でリカバリーしましたよ。

DVDディスク3枚でしたね。

うち1枚は、修復ディスクとなります。

もし、リカバリーディスクを失くした場合でもこの方法でリカバリーできます。

また、DtoD領域があっても作成しておく方がいいですよ。

ハードディスクが壊れたら終わりますから・・・

とこのDVDにリカバリーを作る方法はおすすめできません。

では、どうやって?

外付けのHDDにバックアップしましょう。

ケースは、約1000円~2000円

HDDは、容量が160GB程度の中古でもOKですね。

バックアップするだけなのでそれほど容量要りません。

DVDの場合に読み込みに失敗したりすることもあり、HDDなら確実に復元できるのでHDDでのリカバリーを推奨しています。

 

 

コントロールパネル開くとこのようにバックアップ作成とあります。

この記事が気に入ったらいいね!